Blog - Mana Green Grass
彫金で制作したアクセサリーを紹介しております。
彫金,アクセサリー,ネックレス
1868
paged,page,page-id-1868,page-template,page-template-blog-large-image-whole-post,page-template-blog-large-image-whole-post-php,paged-19,page-paged-19,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-2.7,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.4,vc_responsive
IMG_2942

工事のこと

こんばんは、

前回の続きです。。。

選んだ木材は、そのまま担いで、電車に乗って、

江坂の工房みたにさまでカットしていただきました。

そして、その木材をこちらの某物件に運んで、

 

外観

大工さんに依頼・・・

 

IMG_2948

天然木でゴツゴツだったので、

全てプレや、カンナをかけてくださいました。

(どうでもいいですが、削る角度を調整するために

カンナをコンコン叩くのが見れて嬉しかったです。)

プレの削りカスが、すごかったです。

汚れるからと室内でしてくださったのですが、床から5~6センチは積もりました。

窓のない物件で、空気がこもるため、

壁に穴をあけ、、、

IMG_2943

IMG_2947

 

 

あきました。

さらっと書きましたが、

開けるの、すごく大変そうでした・・・

もう、煙幕か!!!とツッコミたくなるくらい、

もうもうと煙が上がり、辺り一帯、大工さんの頭も、全身も、真っ白になってました・・・・

あぁ・・・己は風上に逃げてすみません・・・

IMG_2954

小さな片ガラスの窓ができました・・・

これも、ガラス屋さんで、小さいサイズのものを作っていただいたのです・・・

ありがとうございます・・・!!!;;

IMG_2950

 

作業机。

IMG_2952

IMG_2953

飾る棚。極力シンプルで。

木が、硬くて加工がかなりキツそうでした・・・;;

うわわ・・・

 

Hさん、大工さん、暑い中本っ当にありがとうました!!

日がな張り付いて、細かい指示ばかりで、すみませんでした・・・

でもほんと、思ってた以上のことをしてくださいました(書き切れてませんが、)

 

続きます^^;

 

 

 

 

Read More
IMG_2791

木材屋さんのこと

こんばんは、ご無沙汰しております^^;

暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。

こちらは、諸事情あって、作業用の机を手作りしようと、

木材屋さんへ行ってきました。

IMG_2791

 

場所は、株式会社りある・うっど様です。

たくさんの木材が並んでますね。

この日はとても暑い日でしたが、

わくわくしながら、メジャーを持って、あちこちサイズを測って巡りました。

IMG_2792

 

 

こちらは収集材ではなく、天然木をメインに扱っているそうです。

輸入材と、国産材、両方多く並んでます。

私は、ブラッドチェリーと、センの木と、メープルを見つけました。

細身の、ご年配の店主さんが、

「君の見てるセンの木は、広葉樹だ。今では、とても貴重だ」

と声をかけてきて、

「僕らは木材屋だけど、木材屋はずいぶん数が少なくなっている。

建築資材屋が、ほとんどだからだ。」

色々語ってくださいました。

「建築資材は、主に、スギ・ヒノキを扱う。昔、高級木材として、大流行した。

だから、皆どんどんそれを植えた。そして、それらは、針葉樹だ。

針葉樹は、実を残さない。」

・・・そうなんや。

「広葉樹は、落葉し、実がなる。実がなるということは、

そこに動物の食べ物があるということだ。だから、落葉樹は、森を養う。

森が養われると、様々な栄養分が海へ流れる。

それらは、海の生き物を養う。

だから、もう一度落葉樹を植林しようという話が、大いに広がっているんだ」

そんな話があるんやなぁ。

知らなかった。

花粉症の原因にもなっているそうなので、決して遠い問題ではないと思った。

「ちなみに、さっきのホワイトアッシュという輸入材は、

ヨーロッパのウィスキーの樽に、広く使われていた木だよ」

 

木は、何年も倉庫で乾燥させて、切り出されて、製材される。

とても長い時間を経て、一枚の板になる。

最近は、手軽な合板や収集材が増えているけど・・・

色んな方の手を経て、私もそれを机として使わせてもらえるのだなと思った。

すっとのびた木目を見て、なんとなく、ものづくりのこの重みを忘れたくないなぁと思いました。

 

後日、

木に非常に詳しい中学生に、

木の話をたくさん聞くことになるのですが、

それはまた別なお話。。。

 

 

Read More

KIN工房さんのこと

こんばんは、

5/11~5/16(教室は4日間)まで、KIN工房さまにて、

七宝を習いに神奈川県へ泊まり込みで伺わせていただきました。

関西から来ているということもあり、一日の教室時間の最大時間をさらに延長して、

朝から晩までみっちり教えていただきました・・・

神奈川とは思えない、緑の中の工房は、私の住む町と時間の流れが違いました。

透胎七宝が思いのほか難しく、

何度も何度も失敗し、

微妙な部分が気になってやり直してはまた失敗するという・・・

本当に根気のいる作業だと思いました。

 

 

お世話になったS先生が非常に穏やかな方で、

また子供の美術教室をされている奥さんも本当に良い方で、

七宝ももちろん勉強になりましたが、もっと大切なことを教わったように思います。

制作への姿勢や丁寧さ、

伸びやかさと他の方への思いやり。

ここでは、それらが積もって、温もりが生まれているんだなぁと思いました。

(晩御飯に付き合ってくださったNさま、

東京で会えた学生時代の友人のIちゃん。

ありがとうございました!)

書きたいことがたくさんあるのですが、

取りあえず、工房から帰るのが辛く、柄にもなく新幹線でひっそり泣いたことを記しておきます(笑)

工房の皆さま、本当にお世話になりました。

またお会いできることを願いつつ・・・

 

 

 

 

 

Read More

God bless you,forever

こんばんは、

あんまりこういう内容は投稿しないのですが…

blogにそっとアップするくらいならいいでしょうか…

IMG_2725

 

今日、大切な友人の結婚式がありました。

本当に素敵な式で、見てるこちらが幸せになれました。

IMG_2726

 

花嫁さん自ら、来賓の皆にデザートのケーキをサービスしていて、

あぁ、謙虚な人だなと改めて思いました。

帰り道、

昔は社会的にも精神的にも、自立することが大人なのだと突っ張っていたけれど、

今となっては、心の外側と内側を一致させていくことなのだと思えてなりません。

等身大で。

その方が多分、自由なんだろうなぁ…

 

ふと、自分もいつかそんな風に思える人と巡り会えるのかなと思ったけれど、

いや、今はもうちょっと地固めで行こうと考えてみたり。

何はともあれ、素晴らしい式でした。

末永く、どうか、どうかお幸せに。

 

 

 

Read More