Blog - Mana Green Grass
彫金で制作したアクセサリーを紹介しております。
彫金,アクセサリー,ネックレス
1868
page,page-id-1868,page-template,page-template-blog-large-image-whole-post,page-template-blog-large-image-whole-post-php,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-2.7,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.4,vc_responsive

読書部 第3段

こんばんは、

読書部からのおすすめ第3段は、

・それからはスープのことばかり考えて暮らした(吉田 篤弘著)

感想:

美味しいサンドイッチを作るコツは?の、主人公の問に、”指後を残さないようにしている”という安藤さんの答えに、ううむと唸ってしまった。

とにかく、具材の組み合わせが絶品。淡々と、ありふれているようで、

こんな居心地の良い時間が流れる街や、お店って、中々ない。

なんだろう、東の机と、西の机を、両方引き取って、隣同士に並べるオーリィの感覚が、

私、好きだなぁ・・・

熱いコーヒー片手に、読みたくなる本。

 

ツバキ文具店(小川 糸著)

感想:

主人公の鳩子が、先代の祖母から、文具店と共に、代筆屋の稼業を継ぐ話。

登場人物達が、それぞれ想いを抱えていて、鳩子の代筆屋にやってくる。

個人的に、ガラスペンで、セピア色のインクを吸い込み、羊皮紙に書くシーンが、

たまらない。

そして、物語は鳩子と、亡き先代の祖母の確執へ向かっていく。

人は皆、自分のことになると、感情的になって見えなくなってしまう。

本当に伝えたいことは、中々届かなくて、届くことは、やはり奇跡なのだと思う。

 

以上です*

また次回もお楽しみください^^

 

また、本を貸してくださるお客様。

本当にありがとうございます。本の虫にとっては、ありがたき幸せです…!!

 

けれどやはり、訪れてくださることが、何より嬉しいです。

感情が顔に出にくく、いつもうろたえていますが、とても喜んでおります。

 

制作も、今は品薄ですが、気合を入れていきますので、

よろしくお願いします。><

 

mana

 

 

 

 

 

Read More

Congratulations

こんばんは、

お店に訪れてくださるお客様から、

素敵な話を聞きました。

 

教員をされている彼女の生徒さんが、

明日、卒業式だそうです。

 

そして、最後の授業の日、生徒さん一人ひとりにあてて、

書いた手紙を渡されたそうです…

大変可愛らしいことに、

ムーミンのマッチ箱に、星の王子さまの便箋、

付箋と、消しゴムをつけて、渡したそう。

無題

(写真は無理を申して送って頂きました)

書くの、すごく大変だったろうなぁ。

こんな先生いるんだなぁと、びっくりしました。

卒業は大きな節目で、だからこそ、自分”に”宛てて書かれたものって、

胸を灯すあかりになると思うのです…

(私の学生時代は暗黒でしたがそれはさておき)

受け取ってもらえても、なくても、届いても、届かなくても。

その姿勢が素敵だなと思い、作りたい気持ちが沸いて。

 

IMG_3472

小さなマッチ箱のようなネックレス。

表は、チェロ弾きのシルエット。

音符になったカンを回すと、

IMG_3473

中から…

IMG_3476

あかりの灯ったロウソク。

音楽の音が、灯りの輪を広げていってほしいなと、

そんなイメージです…

 

どうか明るい未来へ。

Congratulations!!

 

 

 

(それから、五六市にお越しくださったお客様、

本当にありがとうございました!お会い出来て、すっごく嬉しかったです!

また、ゆっくり書こうと思います。

気になっておられたハリネズミのネックレスは、こちらです)

IMG_3460

 

 

Read More

第11回文芸社 絵本大賞

子供のころ、

今は亡き母が、眠る前に枕元で、絵本を読んでくれていました。

とかげが出てきたり、かえるが出てきたり、

美味しそうな食べ物や、魔法など、

この先はどうなるんだろうと、わくわくして耳をすませ、

絵に心躍らせたものでした。

それらは色褪せず、大人になってからも、私にとって、きらきら眠る

宝物でした。

 

この度、第11回 文芸社絵本大賞のストーリー部門にて、

恐れ多くも大賞を頂きました。

「うさぎのがくそうや」

というお話です。

このうさぎには、モデルがいます。

今、お屋敷で一緒に働く、額装屋の女性です。

 

ものを作って売るということは、とても難しく、私は時に心が折れそうになりますが、

彼女の背を見ていると、また大切なことを思い出せるように感じます。

 

流行を追い、いらないものをいらないと言ってしまえばそれまでですが、

それは少し寂しい。

 

お客さんのことを考える、小さなお店が、ずっと在り続ける世の中であってほしい。

 

色んな想いが、日を増すごとに重なり、私自身がものづくりの端くれをやっていることもあって、

本当に自然な形で、この物語は生まれました。

 

音の響きや、秋から春にかけての季節の移ろい、

登場人物たちの心を、緩やかに聞いていただければと思います。

出版は、6月予定だそうです、

見かけたら、手にとっていただけると幸いです。

 

 

 

 

Read More
IMG_3462

3/12(日) 五六市 出店のお知らせ

kannmuri

この間制作していた、小さな小さな、3つの冠。

これは、

IMG_3462

つくしになりました…

山登りが好きで、子供のころ、春の山で初めて

つくしを見た時、無償に感動しました。

間に、すぎなも、咲いています。

IMG_3470

こちらは、ふきのとうと、ハリネズミ。

ふきのとうの、大切な包みを、てのひらでそうっと

広げたような、形が好きです。

が、上手く表現できない。もっと可愛いのに…

前置きが長くなりましたが、

3月12日、枚方の五六市に、出店させていただきます。

足がまだギブスですが、そのくらいには取れていることを祈ります。

 

お店を持ったのに、制作ペースが相変わらず遅く。

けれどやっぱり、大量生産はせず、ひとつづつ、このペースで、

続けられるところまで、続けたいなぁ。

今から出店を楽しみにしています。

 

mana

(2016.8/23記事 修正致しました)

 

 

Read More