エピローグ - Mana Green Grass
彫金で制作したアクセサリーを紹介しております。
彫金,アクセサリー,ネックレス
21773
single,single-post,postid-21773,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-2.7,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.4,vc_responsive

エピローグ

20190211_105658 (1)

こんばんは、

24日、green grassは、最後の営業日を迎えました。

お店に行くと入り口の張り紙に、

20190224_122613 (1)

お休みの間、お客さんがお手紙を差し入れてくださってました。

嬉しかったです…これだけでも、体押して来て良かった…

風に飛ばされなくて良かった~^^;

 

20190212_164120 (1)

らるごさんの頂き物…いつも穏やかな時間をありがとうございました。

それから、

IMG_4769

お客さんに色々頂いたもの(中には以前のものも混ざってますが)。

つい、包装紙やリボン、葉書などは取っておいてしまう。

何度も読み返して、しみじみ嬉しかったです、

記念に眺めさせていただきます。。。

…一年に一回位しか会えないお客様や、半年に一回位訪れてくださるお客様。

もう会えないのかなと思うと寂しい。

 

小さな空間なのに、2、3時間喋り込んで下さるお客様もいて、

孫の話や、楽器の話、花の話、旅の話、…

色んな話を聞かせて下さいました。

その度に、私は一店員に過ぎないのに、

その人が見てる色んな世界が見れる気がして、

嬉しかったです。

忘れずにいたい。

20190224_122905 (1)

wakkaさんと、紅茶カフェさんからの。

最後まで見守ってくれていました。

25日、急ピッチで、お店の搬出作業。

4名の方が助けて下さり、なんとか無事に終了しました。ありがとうございました。

木の棚を外しながら、開店まではずっと内装に悩んで奔走してたんだよなぁ、

と思い出しました。

 

IMG_4762

…ここでずっと作業してたんだな。

なんにもなくなると、不思議な感じが…

制作で酷使したけど、こたえてくれて。

20190226_102709 (1)

お店を始めたのが、つい昨日のことのようです。

私は至らぬところばかりでしたが、遊のお屋敷の方々や、お客様に、

たくさんたくさん、お世話になりました。

ありがとうございました。

 

そして、こんな時にあれですが、読書部より、

まり子さんがプッシュして下さいました。

絶対、読んでね!すごくいいから!!すぐ読めるから!!と仰り、

…いや、今は本は…時間が…

 

 

…読ませて頂きました。

読書部からも最後のオススメということで…

 

”ミオよ、わたしのミオ”

 

です。

作者は、長靴下のピッピで有名な、リンドグレーンさん。

 

…みなしごであり、はるかな国の王さまの息子であり、騎士である少年のお話。

銀ポプラと、なげき鳥と、白い馬の、、

タイトルは、父である王さまからの、少年ミオへの呼びかけです。

 

少年は、暗闇の中を進む時も、崖を登る時も、何度ももうおしまいだ、と

思うのですが、その度に、父のまなざしと、呼びかけを思い出して、

前へと進んでゆくのです。

 

孤児として育った少年は、実父と一緒に過ごす時間があまりなかったのに、

彼にとっては、ミオよ、と心を込めて呼ぶ声を思い出すだけで、

充分だったのだな、と思いました。

 

状況で周りに誰も人が居なくなってしまったとしても、

もしこんな風にいとしく名を呼んでくれる人がいると信じられたら、

迷った時でも、倒れた時でも、また歩き出せるのではと…

そんな風に感じた一冊でした。

 

長くなってしまいましたが、

春先、お体にお気をつけてお過ごしください。

 

また、お会いできますように…

 

mana

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

mana

 

 

 

No Comments

Post a Comment